ハンサム判治プロデュース、次世代ウクレレ女子プロジェクト!

ハンサム判治プロデュース!

ウクレレで本格的なアーティストを目指したい女性アーティストを大募集!

 

ウクレレってハワイアン専門な楽器?

ウクレレっておもちゃみたいな音痴な楽器?

ウクレレって芸人さん専用のコミカルな楽器?

 

そんなことはないんよ!

ウクレレは誰でも簡単に弾ける敷居の低い楽器だけど、実はどんな音楽にも対応できる無限の可能性を持った本格的な楽器なんよね。

しかも、ウクレレの優しい音色は女性の声との相性も抜群で、サイズ感も可愛くておしゃれなアイテムにもなるんよ。

 

歌が大好きだけど、楽器は苦手、、、

まだ作曲もライブもやったことがないけど、歌手になりたい、、、

 

そんな歌手志望の人には是非ウクレレを始めて欲しい!

 

また、すでにアーティスト活動をしてる人でも

楽器が出来ないからカラオケでライブをやっている、、、

サポートミュージシャンがいないと一人じゃライブが出来ない、、、

自分のオリジナル曲がなくカバー主体でライブをやっている、、、

 

そんな人にこそウクレレで唄って欲しい!

 

そんな訳でハンサムレコーズではウクレレで本格的なアーティストを目指したい女性シンガーを大々的に募集します。

 

ピアノは難しいしギターはFで挫折しちゃった、、、

そんな人でも大丈夫!

ウクレレはおろか、他の楽器も全くやったことがなくても大丈夫!

 

オーディションを通過した人は、ウクレレ大使として500本近くのウクレレを被災地に届けて来たハンサム判治が責任を持って次世代ウクレレ女子としてプロデュースします。

ウクレレ指導、楽曲提供、作詞作曲方法の指導、ライブ&メディアブッキング等、ウクレレ女子として活動していくための全てをサポートします。

 

現在、このプロジェクトのモデルケースとして実際にウクレレを始めてまだ数ヶ月の「わかないづみ」をプロデュースしとるよ。

プロデュースし始めてたった3ヶ月で世界最大級のウクレレフェス「ウクレレピクニック」へのゲスト出演が決まったり、弾き語り1発録りで完成させた1st.ミニアルバム「僕の名前」が9/19にメジャーリリースされることが決定したりと、一定の成果が見えてきたのでここで改めて大々的に「次世代ウクレレ女子プロジェクト」として正式にスタート!

 

やる気さえあれば全くの初心者でも数週間もあればライブデビューは可能なんよ。

才能があれば、わかないづみのように数ヶ月でメジャーリリースすることも不可能じゃないんよ。

ウクレレはそんな魔法の楽器なんよね。

 

少しでもこのプロジェクトに興味を持ってくれた人は気軽に応募してくれー!

小さいウクレレと共にでっかい一歩を踏み出そう!

 

 

ハンサムレコーズ代表 ハンサム判治

 

 

※オーディションに合格しハンサムレコーズ所属アーティストになった方は次世代ウクレレ女子として活動していくために必要なレッスン代などの費用は一切かかりません。

「ライブでバイトを休んだ時給分ぐらいは音楽で稼がせてあげたい」というのがハンサムレコーズの基本姿勢なのでアーティストに制作費などの費用を負担させることは一切ありません。

代表のハンサム判治自らが現役アーティストなのでアーティスト目線でのレーベル運営を心がけています。

 

 

【応募資格】

 

歌うことが何よりも好きで、ウクレレで作曲したり弾き語りでライブをやってみたいと思った人なら誰でもOK!

※すでに事務所に所属している方も大歓迎ですが、事務所承諾の上での業務提携になります。

  

 

2018年3月からハンサムレコーズのプロデュースによってウクレレ女子活動をしているわかないづみのライブ映像。

君もわかないづみのようにウクレレで自分の好きな歌をうたってみよう。

 

 

【次世代ウクレレ女子としてのデビューまでの流れ。】

 

メールでの書類審査(一次審査)に合格した人は、二次審査としてウクレレ体験レッスン(無料)を受けてもらいウクレレ女子としての適応性を見極めさせてもらいます。

二次審査合格者にはライブデビューに向けての本格的なレッスンや準備に入っていただきます。

ライブでの実戦テストに合格した方はハンサムレコーズ所属アーティストとして本格的にライブ活動をプロデュースしていきます。

 

ウクレレ女子の先輩としてわかないづみも一緒にサポートを担当するので安心して応募してください。

 

次世代ウクレレ女子プロジェクト応募フォーム

メモ: * は入力必須項目です

 

 

プロデューサー  ハンサム判治プロフィール

 

アニメ「NARUTO〜疾風伝」「CR天才バカボン」の主題歌やグリコカフェオーレのTVCMソング、プレステソフト「GuitarFreaksV&DrumManiaV」への楽曲提供等で知られるボーカリスト、バンドマン、音楽プロデューサー。

役者としてもドラマ「おせん(蒼井優主演)」「スクラップ・ティーチャー(Hey!Say!JUMP主演)」映画「ギララの逆襲(ビートたけし出演)」「お墓に泊まろう!」等に出演。

3.11直後の3月から頻繁に炊き出しライブとウクレレ教室を東北各地で開催し、現在も「ウクレレ大使」として愛と元気を届け続ける。

この7年間で被災地に届けたウクレレの本数は500本に迫る。

2016年、Bro.Hi(ex.SOUL'd OUT)とのコラボシングル「光る石ころfeat.ハンサム判治」がAmazonヒップホップチャート1位を獲得。

2017年、規格外ロックバンドHANZI BANDとしてリリースした「あかさたな」が東北最大級のドラッグストア「薬王堂」のテレビCMに抜擢。

2018年、ハードコア青春ジャズバンド「ゴリラ人間ズ」を本格的に始動しジャズの解放を目指す。

長年に渡るバンド経験に基づく独自な音楽理論書「ゴリラから見た音楽理論(ゴリ論)」を出版したり、おしゃれウクレレ女子「わかないづみ」をプロデュースしウクレレシーンにも一石を投じる。

 

ハンサム判治オフィシャルサイト

http://www.han363.com